2010年06月17日

色眼鏡選び



え~と、今日の話題はゴーグルです。

基本的に口の周りが暑苦しいのは苦手なので、
フェイスガード付きのゴーグルはカブらない主義です。

まぁ、アホ口開けてゲームしてたりするので、歯とか危ないんですけどね。
本気で危ないゲームはシュマグを顔に巻くとかするようにしてプロテクションしています。

それ以外は顔に赤痣作るくらいは、自己責任で良いですが。

ちなみに、フェイスガードが嫌いになった要因の一つは、
ぜぇぜぇ言うくらいに動いた後に、顔のど真ん中をヒットされた事があるのだが、
その時、フェイスガードの内側に大量に付着していた

吐息による結露

が内側にどっちゃり跳ね返って来て、自分の吐息ながらもヒットされた以上の
精神的ダメージを被ったからです。

まぁ、顔を撃たれるのが嫌い、怖い、という人もいますが、
別に大した顔をしていないので、僕は気にしていません。


と、言うことで、今までは、Wiley-XのSG-1をメッシュ仕様にして使っていたのですが、
半年くらい前に本体のツル差し込み部分の細いところがブッ飛んで、
強力接着剤で補修の上使っていたのですが、
すっかり忘れて先日のゲームでブッこ抜いてしまい、今はビニテでぐるぐる巻き。
まぁ、また補修すればよいのですが、後ろのゴムバンドも少しヘタって来たし、
良い意味で、予備として、新しいゴーグルを買おうかな、なんて思っている訳です。

そこで候補に挙がったのが、ESSのICEシリーズです。

ウチのメンバーも二人ほど使ってます。

気になるのは、俺のデカい顔にフィットするのか、という点ですが
ツルは曲げたり出来るみたいなのでよしとして、あのグラス部分のカーブですね。

海兵DEVでもかけられるんだから平気だろうと読んでますが、実際つけてみないとわかりませんね。

あとは、汗を大量にかく俺としては、曇り具合が気になります。
フォグテックとか付ければよいんでしょうけど。


ま、何にしろ、さほど高くない代物なので、買ってみてから考えようと思います。

上を見れば、魅力的なゴーグルがいくつもあるので、物欲とお財布事情では、手ごろなところで
妥協せざるを得ないのが悲しい現実です。



ところで、グラサンと言えば、やはり大門。
※強引な繋ぎです。

と、大門に振ったと思わせて、一言苦言ですが、
最近定例会とかで、シューティンググラス(特にマルイの)や、普通のサングラスをかけている人見かけますね。
レンズ直撃の際の強度もさることながら、角度によっては隙間が大きく開いているので、普通に危険ですよね。

まぁ、Wiley-Xも、掛ける人の顔の形によっては、隙間があくので、後ろはバンド必須ですし、
バンドで強めにテンションかけておく必要がある気がします。

ので、仮にICE買っても、ちゃんとそういった隙間対策はする予定。





しかし、西部警察ってちゃんと見たことがあるようで、ないような感じなんですよね俺。

大門刑事の撃っているショットガンは、弾は何使ってるのか、とか、
なぜスコープ乗せてるのにライフルじゃないのか、とか色々気になりますけど。

やっぱりグラサンは必須なんですかね。




レイバンのグラサンもいいけど、顔に似合わないし、ゲームで使えないからかわない。




さ・・・・さむい・・・







同じカテゴリー(Equipment)の記事画像
まぁ、ご無沙汰しちゃってるわけですが
北部同盟始めました
次世代AKリアルカウントの課題
プロジェクト ガーミン
デコクロ
ACOGが届いたが
同じカテゴリー(Equipment)の記事
 まぁ、ご無沙汰しちゃってるわけですが (2010-09-29 11:27)
 北部同盟始めました (2010-09-06 13:47)
 次世代AKリアルカウントの課題 (2010-09-01 13:51)
 プロジェクト ガーミン (2010-02-15 11:11)
 デコクロ (2009-08-10 14:38)
 ACOGが届いたが (2009-07-09 18:05)
この記事へのコメント
シューティンググラスでも良いけど隙間対策だけは、きちんとやってほしいですね(´∀`)

なんか有ってからでは、遅すぎるしねぇ

僕は、仕事では関係ないけどバイト先で接客?するので
フェイスガードが無いと困ります(笑)
顔が赤い点々だらけだと変な病気みたいなので(笑)
Posted by まろねこ君 at 2010年06月18日 09:01
顔にキズ作って帰ると ウチの大統領に出撃禁止命令を出されるので、
フェイスガード必須ですな。

まぁ、それ以前に顔面直撃はイタイので黙ってても装着しますけどねーw
Posted by ぱんつまん。 at 2010年06月18日 17:26
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。