2010年08月31日

8/28 GAP戦 in BCU vol.1



いや~クソ暑かったけど、最高の一日でした。

BCU全面貸し切りながらも、30人切る人数、という超贅沢な使い方。
kabux兄貴ならではの豪華なゲームにお呼ばれして行ってきました。


相変わらずマッシブな装備の方々が多いGAPさんのゲームに、
呼ばれてヒョイヒョイ行っていいのやら、な我が小隊ですが、
この日は割とコアなメンバーで参加でした。






本日の主催はkabux兄貴。

最近は北部同盟に傾倒らしく、イカす装備でAK祭りを広げていた。

コノAK、タマ チャント デルヨー カッテヨー


別の店で同じ銃頼んでたらしくてさ~同じの二つ来ちゃった~

とか、セレブ過ぎる兄貴。
どこまでも背中を追いかけていきますw

俺もカミース上下とターバン買います。
しかし、あのイカした風貌に仕上がるのは、あの顔立ちとリアルヒゲならではだ、
という事は気づかないふりをしておこう。
完全な東洋人顔の俺がどう仕上がるのか・・・・

まぁ、それはそれでこうご期待と言う事にしておこう。


広がったAKのお店に人が立ち寄る度に、
世界の戦場にある、拾い集めたAK市場のような風景が出来あがり、
なんともうらやましい。


俺もヒゲを伸ばします。仙人みたいに伸ばします。
伸びなかったら付けヒゲを買います。
いや、脱脂綿か何かを黒くスプレーして顔につけます。


兄貴は終始何かをスプレーしてました。
そしてその香りが普段の我が家のベランダ臭なので
なんだか安心しましたw

決してシンナー中毒ではございません。


そして俺。

最初はTAGのRRV(というかチェスト)を付けていたが、1ゲーム終了後脱ぎ捨てた。
そして、画像を見るとチェストはもう少し下にすべきだと思った。
 
一応説明しておくが、「また穿いて来たジーンズでやったのか」と思われそうだが、
今回は「わざわざジーンズを持ってきて現場で穿き替えた」んだ。
でも、真夏にジーンズなんか穿いちゃだめだ、とすぐに思い知らされる。

そして、ポロシャツをインして着て見た。

インした方が、腰装備は落ち着くね。



1ゲーム終わって、このザマ。
以後しばらくこの格好。
あとからやって来た海兵DEVに
「それが隊長の言うところのCIAオペレーターですか?」と聞かれたが
「いや、これはただのオッサンだ」と答えた程、グソグソの装備セットアップな俺。


なんだかこんな流れなので、このまま参加メンバーの紹介を。

【UNIFORM17:ODA】


前日の夜、韓国から帰国。
そしてまさかの翌朝参戦という、ある意味偉業を成し遂げた男。

この日は比較的衣装替えが少なかったですね。
温存していたロンブリのチェストリグが、思いの他使いやすかったのか、
ご満悦の様子でした。

【UNIFORM14:シンゴ】


 前回新調したチェストリグにポーチが少なく寂しいと嘆いていましたが、
 今回は増設されて、これまたご満悦。
 が、途中しばしM4が沈黙。
 セミでは動くが、フルが動かないと嘆いていた。
 セミで撃てばいいじゃん、と横で思っていた俺。

 前回のバトルシティで満足したのか、この日は腰のグロックは割と沈黙気味w


【UNIFORM21:ミネ】

 
 また、あの例の「空挺のオジサン」チェストで参戦。
 暑さにだいぶやられていた様子でした。
 
 既に老体と化したS48組で、フィールドを一周半したゲームが楽しかったw



【チームでれすけ:ポール&ミスター】


 若いってイイよな。
 暑いとか、ダリィとかそういう事をはねのける事が出来る若さが、
 何よりうらやましいと思った俺。
 
 どこかクールなポールと、どこかポールなミスターの組み合わせが絶妙だった。

 ASS HOLEのシールが欲しければポンプ小隊に入隊してください(嘘




全面貸し切りの上に、参加人数が比較的少ないので、
セーフティを自由に使えて楽だった。
右側にドーンと陣取って涼しいところに装備を広げ始めたが、
早速口をそろえて「暑い~」「暑い~」とうるさい。

一番うるさかったのは俺だが。




まぁ、ゆるやか~に準備して、ゆるやか~にゲーム開始。

最初は我が小隊も半分に分かれて参加。

Gチーム
 俺、シンゴさん、ミネさん

Dチーム
 ODAさん、ポール、ミスター


そういえばミスターが、ゲーム前に無線機とコムタックを持ってきて、
「これ、刺さらないんですよ~」と言っていたので、手元を良く見たら、

コムタックのミリタリー仕様プラグを、アルインコに刺そうとしてた。

うん。それは試みるまでもなく、刺さらない。

というか、中間のPTTがあるはずだぞ、ミスター!

「修理に出す前はこんなじゃなかったんですけどね~」

そんなはずはないぞミスター!

しばらくしてゴソゴソと荷物を漁っていたら、やはりPTTが出てきて無事繋がったようだった。

が、思い起こせば、ミスターがあのコムタックを頭につけていたのは見た記憶がない。
どうしたんだ、ミスター!



■第一ゲーム

 き・・・・教会側スタートだったと思う・・・・

 よ、よく覚えていないんだ。


 それでも、kabuxさんやGoriさんと同じチームだったので、
 右側をGoriさん達がぐいぐい押し上げて行ったので、
 我がポンプ小隊は中央を進み、
 バス~星条旗ラインくらいまで押しあがり、
 一番奥の建物付近にいたポールと交戦の末、
 面倒くさいからハンドガンに持ち替えて突貫してやれ、と
 車の裏でハンドガンに持ち替えている最中にポールに頭を撃たれて死んだ。

 もう・・・セーフティに戻ったら、フゥフゥ言うぐらいに息が上がっていた・・・


■第二ゲーム

 もうほとんど記憶はない。
 覚えているのはRRVを脱ぎ、例の中華バッグにマガジンとMBITRを入れて颯爽と登場したぐらい。

 何をどうしたんだっけなぁ~

 生死すら覚えていない。

 
 オマエいつにも増してグダグダだなと思われる諸兄も多かろうと思うが、
 すんごい暑かったんだってば・・・・

 ん~必死に思いだそうとすればするほど、いろんな場面が出て来すぎて
 実際どうだったのか全く思い出せず。

 少なくとも、誰一人として倒していないのは事実です。

■第三ゲーム
 
 ミネさんからG18Cを借りて出撃。
 もはや電動ガンなんかいらんぜよ状態。
 が、まさかのセミ戦で、しかも殲滅戦なので、G18借りた意味も薄くなりつつあるんだが・・・

 暑いし、こっち側で待ち伏せましょう。という作戦だったが、
 BLUE DRAGONの建物の前でウロウロしているウチに、だいぶ前の方に味方が出てしまったので
 つられて俺も、道路を渡りオレンジの建物越しに市街地へ吸い込まれて・・・・

 ここでミネさんと合流。
 ミネさんは数回交戦したが、俺はなんだかボンヤリしているウチに、
 相手側のスタート地点付近まで到達。
 ここで死ねば帰りやすいな、なんて思いながら前へ前へ進むが、
 敵の姿は全く見当たらず。
 相手側スタート地点から、自分たちのスタート地点の方を見ると、
 遠~くの方にでれすけ2名を発見。

 「え~あんなところまで行かなきゃいけない訳・・・・」と訳のわからない文句を言う俺。

 もう滴る汗も、滴るどころの騒ぎではなく、滝汗状態です。

 ふぅふぅいいながら、37歳コンビのミネ・ゲロで再び移動開始。

 でれすけの後を追うが、若いでれすけは良く動く・・・・・

 「ま・・・まって・・・もう・・・動かないで・・・」

 ようやく半分ぐらいまで移動したら、さらに道路を渡り移動を開始したチームでれすけ・・・

 やっとここまで来たのに・・・

 過呼吸なんじゃないかってぐらいにゼーハー言いながら、道路を渡ると・・・
 Worldの建物のドアが開き、二本の手がニュと出て来た。

 が、ここまで苦労したのでキッチリ仕留めたい俺は、体全体が出てくるまで我慢して、
 出てきたところで4発。

 今日初めてゲット。
 しかもミスターでした。

 ポールがその後ろに居たんだが、反撃されたので身を隠すと、その間に回り込んだミネさんが
 ポールをゲット。

 息も絶え絶えになりながら、再び教会側へ移動したミネ・ゲロコンビ。

 早々に敵と思わしき人が立っているのを見つけたんだが、
 朦朧とする意識の中で、もう分別がつかなくなって、ボンヤリ見ていたら
 左から迂回したミネさんが発見したらしく、発砲~ゲット。
 大吉さんでした。

 静まり返ったフィールドに、汗ダラダラのオジサン2名。
 殲滅完了らしくゲームは終わったが、俺の今日一日も終わりそうに疲労した1ゲームでした。


午前中、まだゲームやったっけ?


【UNIFORM20:レンジャー】


夜勤明けで昼から登場した海兵DEV。
登場する瞬間が、ちょうど食事時ってところがDEVならでは。

せっかく副隊長シンゴさんに列に並んで貰ってDEVの分までカレーを
貰ってあげたのに
「え?大盛りじゃないんですか?」と文句タラタラ。
 
 



そんな海兵DEVと並んでカレーを貪り食う俺だが、
写真を見ると、海兵DEVが仕切りに何か話しかけているようだが、
俺は黙々とカレーを食っている。








しかし、こうして見ると本当に海兵DEVはデカい。
中年メタボまっしぐらな俺でも霞むくらいに。

ああ、そうか。
こうやって海兵DEVと並んでると、俺も細く見えるかなw
美人の女子+ブサイクな女子という二人組が多いのと同じ効果だ。
まぁ、決して俺が美人という訳ではないんだけど。


まぁ、そんなDEVから、秘密兵器のOS-1なる経口なんとか液、
つまりは・・・すげぇイイ感じに滲みる水っぽいアレ・・・を貰い、
なんとか息を吹き返す俺。

すごく飲みやすいが、カレーで胃がパンパンな所に水分入れたので、
すげぇ胃がパンパン。



それにご満悦な表情のDEV。
水樹ナントカのタオルみたいな何かを首から下げて満足げ。
そう・・水樹ナントカ・・・



そして海兵DEVは今日も海兵。
暑くないのかね・・・




その頃、ODAさんは暑くて干からびていた。


訳ではなく、お着替え。
新調したDIGI2だか、DOGだか・・・・


後ろから見ると、あんまり区別がつかない俺・・・




まぁ、ごらんください、この写真うつり。
いや、空がね。
すばらしい青さ。
女子のアレに例えるとサーモンピンクだね。
例える必要があるかどうかはさておき。

どんだけ暑いんだってくらいに。


もう感無量で言葉が出てこないので、
しばしODAさんの画像でお楽しみください。



















そんな最中、セーフティでくつろいでいたら、

怪しげな武器商人から仕事の依頼を持ちかけられた我が小隊・・・




詳細は次回に続く・・・・











同じカテゴリー(ゲームレポート)の記事画像
UNION BASE vol.2
UNION BASE vol.1
8/28 GAP戦 in BCU vol.2
同じカテゴリー(ゲームレポート)の記事
 UNION BASE vol.2 (2010-09-14 12:41)
 UNION BASE vol.1 (2010-09-13 19:20)
 8/28 GAP戦 in BCU vol.2 (2010-08-31 18:29)
この記事へのコメント
フルで撃ちたかったんだよ~www
セミ撃ちも楽しくてGLOCKの出番が無かったorz

しかしあの暑さではゲーム内容も憶える事は難しいですねw
Posted by U-14 at 2010年08月31日 23:44
めっさ暑そうだ(;´Д`)

でも楽しそう・・・・
次回いけるかなぁ(;´Д`)
Posted by まろ~ん at 2010年09月01日 20:51
うひゃぅ!
オレ、いるじゃないっすか!!!
ビクーリましたぁ

また、あそびましょうぜ!
ウヒヒヒ
Posted by kabux at 2010年09月03日 01:48
シンゴさん
 今回は全く、誰も、正確に覚えていませんねw
 恐るべき暑さw

 
マロさん
 次回もきっと楽しいですよw

kabuxさん
 おつかれッシタ!
 俺もカミース上下発注シチャイマシタw

 来月もよろしくオネガイシマス!
Posted by U-01 ゲロ at 2010年09月03日 11:25
Doctor Who is now considered a British Institute and has come a long way since it first aired on November 23rd 1963. The very first show saw the Doctor travel 100,00 years into the past to help some dim cavemen discover light. After 26 seasons and seven Doctors later the series came off our screens in 1989 much to the disappointment of the huge devoted fanbase. In 1996 an attempt was made to revive Doctor Who but it wasnt until June 2005 when it came back with a vengeance with Christopher Eccleston as the ninth Doctor that put the series back on the map as it were. It then went on for 5 years with David Tenant portraying the Doctor until 2010 when Matt Smith took over the role. Today it is still a great family show and has attracted many new fans.

If youre a new or old fan of the show there are Tours and museums you can go and see some of the locations and memorabilia of this classic show. The Doctor Who Tour of London will take you on over 15 locations from the show, some from the new series and some from old sites like the location of The Invasion and Resurrection of the Darleks. The tour also takes you to the TV museum in London where you will get to see some of the cosumes worn in the show and props used. Also you can buy gifts and memorabilia from the shop.

You will learn all about how the shows were made so the tour is also educational. If you want to take pictures of the locations thats not a problem. Remember the front door of 10 Downing Street in Aliens of London? Well you can get up and close to this and get your picture taken in front of the door. Rose Tyler fans will love the tour as you get to drop by her home in the show.

Why not go that extra mile and actually meet a Doctor Who star. Well this is possible with private or group tours. You will get the general tour but included will be a pre-arranged meeting or lunch with a celebrity from the show. This will obviously depend on availability of the celebrity and the cost will reflect the popularity of that celebrity.

There are tours in London and also Wales. The Wales tours take you to Cardiff where you will see lots of location which were featured in shows since 2005. You can leave from London or at Leigh Delamere services station on the M4. There is a Doctor Who exhibition in Cardiff which you get to see. At the end of the Doctor Who tour you get a souvenir group picture sent you by email which is a nice touch.

For seriously devoted Doctor Who fans there is a 3 day tour which takes you to all the locations in both London and Cardiff. You will see locations from the past 45 years as well as recent sites from the lasted Doctor Who series. Day one is based in London where you get to see 15 sites. Day two takes you to Cardiff where you get to mean the real life owner of the to see we have an Gothic property used as the location of the school in Human Nature. The final day is partly spent in Cardiff with a walking tour at Cardiff Bay, then you head back to London but a stop at Stonehenge to see the site of the Pandoica. Then its dinner at The Cloven Hoof pub in Devils End b efore you taken back to central London.

 
Posted by Terryphids at 2017年10月03日 05:18
Writing a medical thesis or dissertation is a task done by almost all postgraduate and master's medical students. Dissertation is derived from the Latin word disserto which means discuss. It is essential to write successful medical papers such as medicine essays and medical thesis papers. There are several reasons as to why students write medicine essays. One of the reasons is to promote enhancement of critical judgment, research skills as well as analytical skills. Moreover, medicine essay writing produce students with the ability to 4evaluate and analyze data critically.

The initial step for writing medicine essays is to choose a topic. A writer should have at least three topics to choose from. The topic has to be interesting, feasible and relevant. It is essential to write quality medicine essay. Hence, students need to have analytical skills and perfect writing skills. The writing skills will enable them write outstanding essay papers that can be highly regarded by instructors and professors. Teachers often require a lot and expect a lot from their students in terms of medicine essay writing. for this reason, students find essay writing to be an extremely difficult task and hence resort to buying custom medicine essays.

A custom medicine essay has to be written by professional writers who are qualified in the field of nursing. Moreover, the custom medicine essay has to be original and plagiarism free. This means that it has to be written from scratch by experts with many years experience. The many years experience should enable a writer to write any form of medical paper including medical thesis, medicine essay and even medicine research paper. Moreover, experience will enable a writer to write a medicine essay that can guarantee academic success.

Students get custom medicine essays from custom writing company. It is essential to choose the best company so that one can get the best custom medicine essay. The best and the most reliable medicine essay writing company should have some unique characteristics such as affordability and the ability to provide original and superior quality medicine essays. The other quality is that the company has to hire expert writers who can write quality medicine essays and other types of medical papers. The essays should not only be quality but also plagiarism free and free of grammatical and spelling mistakes.

A custom medicine essay has a similar structure to any other academic essay assignment. It has an introduction that introduces the topic and tells the reader what the essay is all about. The second section is the body that has many paragraphs supporting the main topic. Finally there is the conclusion that briefly summarizes what has been discussed in the body section of the essay. Students should choose reliable writing companies so that they can get quality custom papers on several fields such as technology, sociology and law in addition to medicine field.

Our custom writing company is the best company that all clients should rely on when in need of any given type of medicine paper. We provide quality papers that not only plagiarism free but also original. Moreover, our custom papers are affordable and able to guarantee academic excellence at all times. All our medical papers are reliable and sure of satisfying clients at all times.

 
Posted by Felixkew at 2017年10月10日 15:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。