2010年09月14日

UNION BASE vol.2


この日、天気自体は曇りだったんだが、微妙に差し込む日差しで、結構途中の
体感温度は高く、地味な感じで体力を奪われる一日でした。

久しぶりの参加のm0riさん。
子供に生気を吸い取られなんだか疲れていました。

ああ、そういえば、もう一人は生気ではなく性器を吸い取られそうな奴がいたry なにをする!















書くなって言われたから、このくらいにしといてやろう。


先ほど俺を殺しそうになったエボはこのザマ。
富士山に何度も登る体力があるのに、サバゲでは割と地味な動きをします。


オジサン達はゴザの上でくつろいで菓子食ってます。
この後しばらくして見たら、全員爆睡してました。




ODAさんは、新調したメイフラワーのチェストリグが軽い軽いとご機嫌です。
コーデュラ500恐るべし。



GAP(PMC)のゴリさん。
相変わらず渋すぎます。素敵。
その赤いパッチ・・俺も欲しいですw



チームでれすけ、とMr.バラクラバ。
チーム10-6のタープの下は常に卑猥なトークが繰り広げられていました。



なぜ、ポールはスタート前にグロックを抜いて立っているのか。


そしてミスターは、ともすれば俺とタメくらいに見える風格。
工具箱の中のオイルを皆で勝手に使ってしまってすまん。

でも、それを伝えに行ったら

「中身が本物とは限りませんけどね。。へへへ」と言われた。
が、ガバのスライドの動きがやたら良くなったので中身は気にしないでおく。



でれすけのメンバー。
今年の正月に会って以来の再会です。
ちょっと忙しくてちゃんと皆とお話できませんでした。残念。



チーム10-6のみなさんww

左からMr.バラクラバ、RiseSecretCampの管理人の雷さん、デルタの兄貴、森の師匠。
正面まっしぐらなポンプ小隊にとっては、このいろんな意味での特殊な特殊部隊は
非常に心強い存在でしたw



ところで、あまり今日は登場しない海兵DEV。

昨夜のJAFの費用15000円がよほど惜しいのか元気がありません。

仕方がないので、俺がターバンを巻いて元気づけてやりました。


なんだか変です。
何回巻き直してもうまくイイ感じに巻きあがりません。
kabux師匠のように怪しい感じに巻きあがりません。
お札で作ったターバン野口みたいに変な顔になります。

え?俺の顔が変だから?
うるさい!




「うまく巻けないよう!」とアピールしても、
誰も手伝ってくれる素振りもなく、悲しくしょんぼりしていたら


マロさんに「なんか頭変ですよ」と言われました。


「アナタに言われたくありません!」



※フィクションです。ファクションでもあります。


ターバンを外し、すっかりエリンギみたいになったパコール姿に戻った俺を見て、
海兵DEVも機嫌を直したようです。


二人で仲良く記念撮影しておきました。


「この記念撮影の後、とんでもない悲劇が海兵DEVの身の上に降りかかるとも知らず」

すごくにこにこしています。


■第五ゲーム。
 第四ゲームは正直どうでもいい感じに仕上がったので省略。

 第五ゲーム。
 GAP+ポール+ミスター
 vs
 ポンプ+10-6+でれすけ
 というチームに変え、左右スタートで始めた殲滅戦の裏。

 我がチームは、第三ゲームと同じく右の山ふもとスタート。

 このゲームから雷さんも参加。
 前回RISEに行った時は、日焼けで死にそうになっていた姿しか見ていないので
 元気に動いている雷さんは初めて見ますw


 スタート直後主力は左の平地へ。
 森の師匠らはおそらく右から山の中へ。

 平地にある草の山のようなもの2つを利用し、左の山を撃ちあげるが、
 GAPチームは、動かず待ちの作戦なのかあまり前に出てこない。

 ロングレンジでの撃ちあいではあまり戦果があがらないから距離をどうにか
 詰めたいものだ、と思っていたら、
 突如左から「コウ・ウラキ突貫します!」の一声で
 単身シンゴさんが全力疾走で山肌へ。
 
 ああ・・・また犬死のパターンだ。
 と内心生ぬるく見守っていたら、案外無事に山肌に取り付いたシンゴさん。
 
 「おお、今日は一味違うね。」


 しかもその位置からはうまくすればこちら側を撃っているGAPの面々を
 側面攻撃出来るので非常に戦術的には意味がある位置だ!

 が、なんだかもぞもぞやっているシンゴさん。

 ええい、なんだかわかんないけど、今の間に援護を送り込まねば・・と思い、
 左の草山には友軍がいっぱい居たので、相談すべく移動を開始。


 ※左の山で撃ちまくっている諸君。

 その刹那、俺の視界から茶色い何かがフッと消えた。

 そして・・・




 ドゥゥウウウン



 空爆か?


 否。

 海兵DEV転倒。



 大転倒。


 地鳴りがしました。


 メディィィィック!

 そう叫びながら駆け寄る俺。


 そしてその手にはカメラ。



 一応、「大丈夫か?」

 と聞いたら苦笑いながら「大丈夫です」と答えたので、DEVはそのままに
 草山の影へ。

 この一連の流れを後ろで見ていた雷さんは

 「転んだレンジャー君の所に隊長がすごい勢いで駆け寄ったから、
  ああ、優しいなぁと思ったら写真を撮っていた。さすが隊長だ。」

 と感慨深げに後のセーフティで語ってくれました。


 が、実は大丈夫じゃなかった海兵DEV。
 彼が、というより、彼のM4が。
 首からぽっきり折れました。

 
 そんな一連の騒動で、全くシンゴさんのところに援軍は行かず。
 シンゴさんはその場で死亡。
 海兵DEVは泣きそうな顔でセーフティに引き上げる。
 これで貴重な戦力が2名減った。


 左の塊に合流し、しばし交戦しているとさっきまでシンゴさんの居た場所に
 テコテコ歩いて行く人1名。

 雷さん。

 ん?ヒットされたのかな?

 と思ったら普通~に歩いて、普通に撃たれずに、その場についた雷さん。

 それをセーフティに引き上げながら見ていたシンゴさんは
 「俺の全力疾走はなんだったんだ」と悲しみに暮れていました。


 その雷さんの後を俺も追い山肌へ。
 少しして雷さんはやられてしまったが、そのポジションを受け継いで、しばし交戦。
 何人か倒し気分も上々になって参りまして、
 さぁこれからだよ、という所の一枚。



 この状況です。
 これはうまくすればすごい事になりそうです。

 が


 こっち側に敵が居るのに俺は全く気付いていません。
 そんな余裕ありません。


一気に押し込む気になった俺は、平地に居たミニさん達を呼び寄せて、山肌側の戦力を厚く・・・





 父さん・・・
 この時はまだ僕はうまく戦えていた訳で・・・
 ともすれば、ギャラリーの前でこの日一番の輝きを放つ瞬間を作り出せる。
 そんな気分で居た訳で・・・






 と思ったら、裏側に居たBJさんが下から回り込んで来て、呼び寄せたミニさん共々、
 背中から撃たれて死にました。


 無念過ぎるw




■第六ゲーム

 皆さんお疲れ+熱中症気味で動けないので、主催kabuxさんから
 動けそうなポンプさん達で遊んでいいよ、とお勧めされたので、
 何か面白いゲームはないかなぁと山を見上げたら・・・


 「山があったら登るぜよ」

 と誰かが言ったので、ハンバーガーヒルよろしく坂を上る事にしてみました。


 
 山に登る防御側7人・・・誰が居たか忘れてしまった。

 覚えているのは俺、ミスター、海兵DEV、森の師匠、雷さん・・・・
 う~ん。

 攻め手はこちら側の倍以上。

 とりあえず、ミスターの握りしめるMINIMIが、防御側の頼みの綱です。

 どういう感じになるか、想像はつかなかったが、
 折れたM4の代わりにエボから借りた89式を持った海兵DEVが

 「89式があれば、いつもよりうまくやれそうな気がします!」と
 元来の自衛隊好き魂をメラメラさせて居たので、頑張るだけ頑張ってみるか、とスタート。


 が!

 スタートしてすぐに!

 「ヒット!」

 と声を上げたのは海兵DEV。

 己、貴重な戦力を・・・転がって降りろ!

 ミスターが遠慮がちにminimiを撃っていたので、火力アップの指示を出したが、
 これまたしばらくしてヒット。

 スタート前の想像とは全く違う展開で、
 「登りにくい山を攻めてくる攻め手」という戦いではなく、
 「登りにくい山を登りながら逃げる守り」というドMゲームに。

 しかし、俺のAKはさっき0.25g弾に変えたから一味違うぜ!と放った弾は、
 下の方に居たシンゴさんに命中。
 
 下から「わっ・・・ヒット・・・」と言う、まさかこんな形でヒットなシンゴさんの声。

 そんな善戦空しく、圧倒的な火力で撃ち上げられているので、どんどん後ろに下がる。
 頭の上30cmくらいを、藪を突き抜けた弾がヒュボヒュボ通って行きます。
 もはや背後から応戦する発砲音も聞こえず。
 俺はひたすら逃げです。
 どうにか立て直したいが、深い草ムラの中でムラムラしているので、敵の姿も見えず、ひたすら
 仰向けでジタバタと山を登るばかりです。
 さらに登れど、草が深くなり、どこに進んでんだかわからない。

 と思ったら、急に頭の下が下りになり・・・

 山肌を2mくらい転げ落ちた。

 ズザザザ・・・と落ちながら、ゆっくり回転する俺の目に映ったのは・・・

 平地の奥を移動しながら、落ちている俺を見つけて銃で狙いを定めているMr.バラクラバ。

 半ばパニック状態で転がり落ちた先は、山の中腹の道。

 ああ、あの高さで下まで転がるのかと思ったよ。

 さっき俺が居た位置は今居る場所の右上方になるが、敵の声がワサワサと聞こえる。
 幸運な事に俺が転げ落ちたのは気づかれていないようだ。
 いや、Mr.バラクラバには見られてしまったが、彼がこの斜面を登ってくるにはもう少し時間がある。
 
 ならば、少しでも巻き添えを増やしてやろうと、道を進んで顔を出すと・・・
 でれすけの一人が完全に横っ腹見せて立っていたので、一人仕留め・・・

 しかし、その姿をホンダさんに見られてしまい、怒涛の攻めで元の道まで戻され、
 そして撃たれた。

 ああ、怖かった。

 いろんな意味で怖かった。


■第七ゲーム

 最終戦。
 先ほどのハンバーガーヒルは好評だったので、もう一度。
 ようやく眠れる獅子・・・・というか爆睡していた弾幕魔が目を覚ましたので、
 MINIMIを用意して貰う。


 今日一日セミオート縛りだったので、ちょっとテンション低めだった弾幕魔が、
 ニコニコしながら箱マグに弾を入れている。

 守り側は少しメンバーを入れ替え。
 
 俺、かつひで君、ミスター、でれすけ1名、ミニさん、マロさん、kabuxさん。



 山を登って行くタリバーン御一行。


 山頂で、入念にMINIMI2丁の射角を決めていると、


 「作戦なんか立てても無駄だ。圧倒的な戦力で攻め落とすぞ!」

 と挑発的な無線が入って来たので、

 「否!こちらが圧倒的な火力で蹴散らしてくれるわ!」

 と返しておいた。

 が、僕は知ってたんだ。
 山の上で守る側が、全くもって有利な点がない事を。



 ゲームスタート後、MINIMI2門をうまく活用する為に、自分は割と前へ。
 この日、柄にもなく匍匐している時間が異常に多かったが、
 今回も匍匐で山を下る。

 というか、立っていたら格好の的。
 先ほどのゲームでもミスターのMINIMIが使いこなせなかったのは
 ミスターの姿勢が高かったから。


軽快にMINIMIを撃つかつひで君。


そしてミスター。
そしてなぜかどちらの写真にも映り込んでいるkabuxさん。



 しばしの沈黙の後、敵が射程内に入ったのか、MINIMI2門がけたたましい射撃を開始したので
 俺はズリズリ、ズリズリと下へ下へ。

 匍匐なので視界が全くないのだが、唯一聞こえたのはシンゴさんのヒットコール。

 ああ、またシンゴさん死んだ。

 正面はMINIMIが抑えているので、俺とミニさんで、平地を進むポールともう一人を狙って射撃。

 平地もなんとか抑え、正面も上がってこれる感じが無くなり、結構イケるかな、と思った刹那。
 俺の体の少し上に勢いの良い弾が何発か通る。

 ん?下からにしちゃ近いぞ。

 と思ったらkabuxさんがヤラれ。

 斜面に張り付いている奴がいるのか!と立ちあがって掃射しようと思ったら、
 思いの外一杯張り付いてて、手近に居た雷さんに撃ち取られ死亡。


 斜面を登る特殊な特殊部隊にまんまとやられ苦笑いで山を降りる俺とkabuxさん。



 苦笑いで山を降りる俺の足元に転がっていたエボゾウ。




 そして俺とkabuxさん、ミニさんまで倒した雷さん始め特殊な特殊部隊が山を登って行き
 ゲームセット・・・・

 と思いきや、伏兵で最後尾に残しておいた、ポンプ小隊の森の住人マロさんが、
 最後の最後で大粘りして半分くらい巻き添えにして散った。

 


 その頃、m0riさんは、山のふもとで銃を撃っていた・・・

 届くのか・・・弾は・・・



 まだ、整備前のUNION BASEでしたが、今後フィールドに成長したらどうなるのか楽しみですw

 






同じカテゴリー(ゲームレポート)の記事画像
UNION BASE vol.1
8/28 GAP戦 in BCU vol.2
8/28 GAP戦 in BCU vol.1
同じカテゴリー(ゲームレポート)の記事
 UNION BASE vol.1 (2010-09-13 19:20)
 8/28 GAP戦 in BCU vol.2 (2010-08-31 18:29)
 8/28 GAP戦 in BCU vol.1 (2010-08-31 17:08)
この記事へのコメント
  先日はコメントいただきありがとうございました!
皆さんとゲームできて楽しい一日でした。また機会があり
ましたら、よろしくお願いいたします!
Posted by BJ0246 at 2010年09月14日 12:44
BJさん
 こちらこそ楽しい一日でした!
 またぜひご一緒しましょう!

 ありがとうございましたw
Posted by U-01 ゲロU-01 ゲロ at 2010年09月14日 13:00
やまふぁっと議長が最高です!

ってかヤマファット議長が戦闘している記事がどこにも・・・

かめらまん?(^^;)
Posted by まろねこ at 2010年09月14日 15:19
マロさん
 いや、ヤマファト議長は割と俺の近くでクリちゃんを楽しそうに撃ってましたよw
 そして何人も倒したと言っていましたw

 でもね。

 俺の動きには何一つ絡まなかった気がするんだ、セーフティ以外ではw
Posted by U-01 ゲロU-01 ゲロ at 2010年09月14日 15:40
すっかり凡死が板についてきた気がする・・・・・w

このフィールドが完成したら、行きたいですねw
体力強化は必須ですけど(笑)
Posted by U-14 at 2010年09月14日 23:47
マロさんが山篭りしていてあまりに暇な上、前日2時間しか寝てないので、仮眠したのだ。
おかげで、後半もだれなかった。w
Posted by えぼ at 2010年09月15日 00:10
今回は混ぜて頂きありがとうございました☆

はじめに。
私がチーム10ー6のメンバーになっていたのは、この日に知りました(笑)

さて、この日は仕事が終わって午後からの参加ででしたが、皆さんと一緒にゲームが出来て良かったです。

笑いながら読んでると割と自分の写真と名前が登場しててびっくりしました(笑)がしかし普段写真を撮る側なのでとても嬉しいです☆

少しの時間でしたが2年振り?のBJさんとの再会や前回とは違う元気に動く姿を見せられただけでも個人的にはそれだけ満足でしたw

また隊長さんには今回色々とお気遣い頂きありがとうございました☆

またよろしくお願い致します!
Posted by 雷 at 2010年09月15日 01:13
シンゴさん
 時々キラリと輝く瞬間があるんですけどねw
 どうも凡死にかき消されてしまいますねw

エボ
 サバゲの前日はしっかり寝ろw

雷さん
 ちゃんと動いている雷さんを見れてよかったですw
 たまには登場人物になってみるのも楽しいかと思いますよw

 また今度一緒に遊びましょうw
Posted by U-01 ゲロ at 2010年09月15日 13:07
ぼ、膀胱がパンパンで、上に行くかトイレに行くか
迷っていたのですよ(;´Д⊂)
Posted by U-24 m0ri at 2010年09月18日 02:35
m0riさん
 ゲーム開始前に済ませてくださいよw
Posted by U-01 ゲロU-01 ゲロ at 2010年09月29日 11:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。